世界人口の0.2%しかいない「ユダヤ人」の正確な定義は?

 

こんにちは

 

今回は、いまさらですが、
馴染みのない人にとったら
『ユダヤ』ってそもそもなんやねん?

 

だと思いますので、
今回はそんな方にイメージを
持ってもらえるような内容を
書いていきたいと思います!

 

まずは「ユダヤ人」の定義って?

 

Q.ユダヤ人ってどういう人?

 

A.①母親がユダヤ人

または

②ユダヤ教に改宗した者

 

「帰還法」という法律により
決められています。

 

②でポイントなのは母親のみ!
というところです。

 

父親はダメ!!

 

畑は信用できても種は信用できない!
という厳格な基準で、
さすが、現実的な思想がここにも
あらわれているなーと思います。

 

世界に何人くらいいるの?

 

Q.人口は

 

A.1,500万人くらいです。

 

東京都の人口が1,400万人弱なので
世界全部のユダヤ人を合わせても
東京の人口+α
くらいの少数民族ということです。

 

どこに住んでいるの?

 

Q.どこにいる?

 

A.世界中にいる!
大半は”イスラエル” と ”
アメリカ”

 

ユダヤ人は、
歴史的に迫害・追放されてきた民族で
「ディアスポラ(離散民族)」
と言われています。

 

そのため、現在でも世界の
いろんなところに住んでいます。

 

2018年のデータによると、

 

1番多いのは
アメリカ、6,925千人(47.7%)

2番目が
イスラエル、6,744千人(46.2%)

 

つまり、アメリカとイスラエルだけで
94%占めています。

 

続いて、フランス、カナダ、イギリス、
アルゼンチンとなっています。

 

ちなみに、日本にもいますが
1,000人くらいしかいません!

 

少ない!

 

ユダヤ人の半数が住んでるイスラエルってどんな国?

 

Q.イスラエルの大きさは? 

 

A.国土面積は22,072㎢

(大きさ的には四国よりちょっと大きいくらいです)

 ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

イスラエルは1948年5月に
建国されたばかりの国です。

 

19世紀末

「自分たちのホームランドを
パレスチナ(イスラエルの地)
に作るんだ!」

という”シオニズム運動”が始まった
結果として、誕生した国家です。

 

イスラエルにはどんな人が何人住んでるの?

 

Q.イスラエルの人口は?
ユダヤ人ばかりなの? 

 

A.人口902万人


イメージ的には
神奈川920万人
大阪880万人
と同じくらいです。

 

あと、イスラエルに住んでいるのは
ユダヤ人ばかりではありません。

 

・ユダヤ人75%
・アラブ人20%
・その他5%

 

アラブ人が結構な割合でいます。

 

何語しゃべるん!?

 

Q.公用語は?

 

A.ヘブライ語・アラビア語

 

ヘブライ語は大昔は
使われていたものの、
日常生活では
使われなくなっていました。

 

それが自国建国への流れ(シオニズム)
が生まれて、再度、日常会話で
使われれるようになったのです。

 

なんと

一回消滅して復活した言語は
世界でもこのヘブライ語だけ!
「奇跡的に復活した言語」
と言われています!

 

ちなみに、ユダヤ人は生きるために
多言語をあやつってきた歴史があり、
いろいろ話せて当たり前です。

 

新聞や国営ラジオなども
4~5ヵ国語は当たり前で
それ以上の場合もあります。

 

「ユダヤ」の宗教戒律、守っているの!?

 

Q.みんな敬虔なユダヤ教徒なのか?

 

A.全然ちがう!

 

厳しく戒律を守っているのは
“超正統派(ハレディーム)”
と呼ばれる人たちだけで、

 

ユダヤ人全体の10%程度しかいません。

 

超正統派の人たちの姿はこんな感じ

↓↓

全身黒ずくめ!ひげ!もみあげ!

 

基本的に”ヒゲ”と”もみあげ”を
切らないんですが、

 

これも聖書に切っちゃダメって
書いているからなんです。
(「レビ記19章27節」にほんとにあります)

 

ちなみに、電気シェーバーならOK
という解釈をされているので
髭がない人もいます。

 

女性も、結婚したら
”他の男性をたぶらかしてはならない”
と、髪の毛を剃られるらしいです。

 

 

 

そもそも、
イスラエルは国教をユダヤ教と
定めていません。

 

あくまで、信教は自由であり、
宗教規律に従って生きないと
いけないという決まりもありません。

 

実際、イスラエルに住む半数以上の
ユダヤ人は『世俗派』とっていって、
戒律を守っていません!

 

格好は普通だし
(女性なら短パンとキャミソールとか!)
食べ物もほとんど気にしません。

 

本来、ユダヤ教には厳しい
食事規定「カシュルート」があり
例えば、豚肉は食べることを
禁止されてます。

 

が、実際には、豚肉は人気で、
世俗派の人たちは気にせず
ふつーに食べているそうです。

 

あと、お祈りもほぼしないし
シナゴーグ(キリスト教でいう教会)
にも、ほとんど行かないそうです。

 

意外に、みんな普通の人のようです。

 

外国人が「日本人=サムライ!」
とかのイメージまだ持ってたら
おかしいですもんね。

 

それと一緒ですね。

 

ただ、この「超正統派」と「世俗派」
の違いが、社会問題になっています。

 

ごくごく簡単に説明しますと

 

超正統派(ハラディーム)の人たちは

  • 一生聖書の勉強しかしない
  • 労働しない
  • 納税しない
  • 政府からの補助金で生活している
  • 兵役も免除されている
  • 避妊禁止のため子ども10人とか当たり前

 

要するに社会的義務を全然
負っていないのです。

 

それどころか
国からお金もらって生活している!

 

にもかかわらず、
イスラエルは行政と宗教が
密接に絡んでいるので、

 

結婚や死亡などの個人の身分が
大きく変わる行政手続きを、
この「超正統派」の人たちが
やっているんです。

 

宗教なんて全然信じてない人からしたら
「なんで、結婚に宗教手続きいるねん!?」
みたいな変なことになっているのです。

 

ということで
これはいま、社会問題化しています。
(これについてはもう少し解説したほうが
いいとおもいますが今回はこの辺で)

 

 

ということで、今回はユダヤ人とは?
ということで書いてみましたが、
少しはイメージがわきましたでしょうか。

 

また引き続きユダヤ解説していきたいと思います。 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

P.S.

 

昨年の夏に神戸にある
シナゴーグ(会堂)に
行ってみました。

 

国内最古のシナゴーグ
だそうです。

 

平日の昼間に行ったのです
ぱっと見た感じは
誰もいませんでした。
(中にも入れませんでした)

 

でも、しばらくすると、
東南アジア系の外国人が
出てきて、

 

あっちあっちと
シナゴーグの横にある
階段を指さしました。

 

とりあえず行ってみるかと
思って階段を上ってみると
中からヒゲもじゃの
おじさんが出てきました。

 

いきなり、ユダヤ人らしき人を
前にして、驚いてしまい、
わっと汗がいっぱい出てきました。

 

英語で「何か困っているのか?」
「どうかしたのか?」
「手伝うぞ!」
と何回も何回も話しかけられましたが

 

英語なんてものから
遠ざかってはや十数年の私には
答える術も無く・・・。

 

とりあえず、
サンキュウーサンキュウー!
と何回も言ってその場を去りました。

 

「何もできなくて申し訳ない」
と最後に言われたのですが、
まともに英語も話せないのに
こちらこそ申し訳なくなりました。

 

話せる英語、身に付けないと
いけないな、と反省です。

 

Follow me!